緑内障治療で効果を得られなければ

 

 

点眼薬や内服薬を使用しても緑内障の症状を緩和できない、という場合には症状の進行を食い止めるためにも手術をしてみてはどうでしょうか。
緑内障手術のデメリットですが、レーザー手術の場合には症状はもちろん進行具合によって異なりますが、効果が出る人が少ないのです。

 

中にはレーザー手術であっても十分に効果を得る事ができる人もいますが、効果が出ても一時的なものですので、高い効果を期待することはできません。
一生涯効果が続くものではない、ということを十分に理解しておかなければなりません。

 

隅角線維柱帯切開術と隅角線維柱帯切除術においても、メリットはもちろんデメリットもあります。
レーザー手術時間も短く手軽に受けることができますが、それ以外の手術においては入院が必要になります。

 

多くの場合は効果もある程度は得ることができますが、再手術の必要性もあります。
眼圧を下げる効果がありますが、効果が持続しないというのはデメリットだといえます。

 

現在の医学においては緑内障を完治させるというのは困難です。
あくまでも進行を食い止めることしかできないのです。

 

一度緑内障で視力が失われると元には戻せませんので、しっかりと早めに対処をしなければなりません。